日本樹医会では、1991(平成3)年より樹木医師養成講座を開講し,本年で25周年を迎えます。これまで本当に多くの方が受講され,北は北海道から南は沖縄まで本会出身者が活躍いたしております。

 本会の樹木医師養成講座の特徴は、

@通信教育なので、誰でも、いつでもいくつになってもどこでも、学歴など関係なく受講することができます。

Aしっかりとした知識を身につけるために10回に及ぶ添削問題と修了試験が用意されております。

Bお忙しいため学習が続くか心配な方には、ご自身に合わせた学習プランをご提案いたします。

C初心者の方でも安心して取り組める内容となっております。

 受講内容のレベルが高くてついて行けるかどうか不安な方には、安心して学習していただけるよう、学習内容や問題解答の進め方など不安な点についてご納得いくまでご説明致します。


 
 通信教育の学習に用いるテキストは、樹医に関する幅広い知識に対応できるように考えられており、通信添削問題と相俟って、実践に即した、しっかりした知識が身につくように配慮されております
 
 各回をすべて終了した方は修了試験を受験することになります。この試験に合格し、資格に関する認定申請の手続きを完了すれば、日本樹医会の樹木医師という資格を有すると認定いたします。詳細については案内書をご覧下さい

 
認定を受けた後は日本樹医会の会員となります。関連業種の方々にはお仕事の幅が広がったと喜ばれております。またそれ以外の多くの方々は、支部活動に参加したり、樹木保護のボランティアとして活動されております

〔HOME〕 〔日本樹医会概要〕 〔樹木医師養成講座について〕

ALLCOPYRIGHT (C) 1999 NIHON JUIKAI RESERVED